MENU

オリックス銀行カードローンの審査が受けられる人とは?

銀行の借り入れと聞いたときに、誰もがハードルの高さを感じてしまうものです。確かに一昔前は銀行が個人向けには小口の融資をあまり行っていなかったことや、今でも面倒な基準のある銀行ローンがあることによって、そういったイメージが付きまとっている面はあります。

 

しかし、オリックス銀行カードローンはネットで来店いらずで手続きが進められ、口座の開設も不要としているため、余計な手順もなく申し込みから審査まで出来るようになっています。

 

とは言っても誰でも申し込みが出来るわけではありませんので、最低限の申し込み条件や審査で不利にならないためのポイントをしっかりとチェックし、準備を整えてから手続きを始めるようにしましょう。

 

年齢条件と安定収入は絶対に必要

オリックス銀行カードローンでは、利用可能年齢を20~65歳と定めています。当然ながら20歳未満の方、66歳以上の方では利用が出来ず、今後の契約を考えても65歳ギリギリの方でも審査では厳しくなるでしょう。

 

大まかに見て、25歳から60歳程度までであれば利用可能と考え、それ未満、或いはそれ以上の方は、オリックス銀行カードローンの審査では若干ながら不利になると考えておくとよいかもしれません。

 

また、収入に関しては「いくら以上」とする取り決めはありませんが、安定した収入は必須となります。安定した収入とは、アルバイトでもパートでも派遣でもよいので、毎月の継続した給与所得を指します。

 

例えばフリーランスの方の場合では、収入がある月と無い月がばらばら、いつ収入があるか分からないけど、前年度の所得は年収で400万円あったとしても、審査では厳しい結果となることが考えられます。

 

もちろん収入が多いに越したことは無いのですが、それ以上に重要なのが安定性ですので、上記のフリーランスの方よりも、自身でもパートをしていて毎月7~8万円の給料が継続して安定して入ってくる主婦の方の方が、オリックス銀行カードローンを利用しやすい可能性があります。

 

借り入れが多すぎれば利用は出来ない

いくらオリックス銀行カードローンがおまとめに対応しているとは言っても、他社の借り入れ件数や金額が多すぎれば、利用は出来ません。返済能力を超えた貸し付けはしませんので、銀行が総量規制対象外とは言っても、総量規制以上に借りている方、近い水準まで複数業者から借りている方に対しては、さすがに審査で落とされてしまいます。

 

消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しいため、消費者金融で審査落ちとなるような状況では、オリックス銀行カードローンでも審査に落ちるのは当然と言えば当然です。

 

借り入れが増えてしまって返済が出来なくなった、だからオリックス銀行カードローンおまとめで助けてもらおうとする考えも、言うまでも無く通用しません。

 

返済が出来なくなった方へは借り換えもおまとめも融資は行いませんので、そうなってしまったら借金の整理を検討してください。

 

審査で無駄に不利にしないために

希望額300万円までなら所得証明が不要なため、審査に通りやすいと勘違いして年収を多く書いて申し込みをする方が後を絶ちません。ハッキリ言って無駄な申し込みであり、ただ単に信用を落とすだけで審査には一切プラスには働きませんので、虚偽の記載での申し込みは絶対に避けるべきです。

 

信用でお金を貸してもらうオリックス銀行カードローンは、正直に正確に申し込みをして審査を受けるのが基本となりますので、自分自身で審査を不利にしないよう、注意をして手続きを進めてください。